美肌美白になるために外側からだけではなく内側からもケアをしよう

上を見上げる女性

皮膚

スキンケアをする人は多いですが、ケアをする肌の部分について知っている人は少ないです。皮膚の仕組みを知ることで、更なる深いケアをすることができます。
皮膚は、表皮、真皮、皮下組織という3つの層によって構成されています。
表皮が一番外側にあり、紫外線などの肌の害になるようなものを内側に入らないようにガードしています。
表皮は基底層、有蕀層、顆粒層、角質層の4つの層で出来ています。表皮細胞は基底層として誕生して、それから角質層に向かって移動していきます。これが、肌のターンです。
健康的な皮膚だと28日周期でターンオーバーを繰り返します。若い時にはターンオーバーの周期が短いので肌の回復も早いのですが、年齡を重ねてくるとターンオーバーの周期は長くなります。
栄養状態を良好にすると、年齡を重ねていく場合でも28日周期というスパンを維持することができます。

美肌美白の敵となるのが、紫外線です。
なぜ紫外線が肌の敵といわれているのかというと、紫外線には肌に害となるものが含まれているからです。
紫外線と一言でいっても様々な種類があります。大きく分けると、UV-A、UV-B、UV-Cの3つの種類があります。
UV-Aとは、皮膚の奥深くまで侵入して真皮まで入り込みます。メラノサイトを刺激してシミの原因となるものを作り、肌のハリや弾力をなくします。肌が黒くなったり皮膚の老化が早まったりするのは、このUV-Aが原因です。
UV-Bとは、赤い日焼けや皮膚がんの原因となる紫外線のことです。コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を誕生させます。
UV-Cは紫外線の中でも1番有害なのですが、オゾン層に吸収されるので、人間の肌に触れることはありません。
このように、非常に有害な紫外線なのですが、ビタミンDの合成を助けたり、殺菌作用があったりと人間にとって必要な働きを持っているのも事実です。
シミを恐れて太陽の下にでないのではなく、紫外線と上手に付き合っていくことが大切になります。

Copyright(c) 2014 美肌美白になるために外側からだけではなく内側からもケアをしよう. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com