美肌美白になるために外側からだけではなく内側からもケアをしよう

ロングヘアーの女性

スキンケア

健康的で若々しいイメージを与える美肌美白になる為には、日々の正しいスキンケアが大切です。
スキンケアを自己流でやっている人も少なくありませんが、間違ったスキンケアだと化粧品の効果がないだけではなく、逆効果となることもあるのです。
美白化粧品を購入する場合は、美白に効果がある成分が含まれているか確認しましょう。
美白成分の多くは、メラニンを合成するチロシナーゼ酵素の活性を抑制する働きがあります。厚生省が承認している美白成分は、持続性ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、コウジ酸、アルブチンの4つです。

ビタミンCを知っている人は多いですが、一般的なビタミンCとビタミン誘導体、持続性ビタミンC誘導体は異なるものです。
持続性の場合は一般的なビタミンC誘導体よりも安定性が高く、その人の肌の必要に応じてビタミンCが変化します。それから、皮膚内部に長時間滞在してメラニンを淡色化する効果があります。
プラセンタエキスとは、皮膚の代謝を活性化させてメラニンの誕生を抑えたり、排出を促進したりする効果があります。
チロシナーゼが活性化するのを抑えてメラニンが過剰生成されるのを防ぐ効果があるのが、コウジ酸です。
アルブチンもコウジ酸と同じで、チロシナーゼを抑制する効果があります。
美肌美白になるためには、このような美白成分について知ることも重要です。

美肌美白を目指す上で大切なのは洗顔です。肌のベトベトが気になるからといって洗顔をし過ぎると、更に皮脂が過剰分泌されるので注意が必要です。
朝と夜の2回の洗顔を目安にして行なうと良いでしょう。洗顔はメイクや皮脂汚れなどを落とす効果だけではなく、化粧品を浸透させる役割もあります。
洗顔のポイントは、石鹸をよく泡立てるということです。力を入れてゴシゴシと洗わずに、指先で肌を擦らないようにして洗うと良いとされています。
また、洗うだけではなくすすぎも大切です。すすぎ残しは、肌荒れ、肌トラブルの原因になるので、十分にすすぎましょう。

肌の乾燥は、トラブルの1つです。乾燥しない為に化粧水を使って肌に水分補給をします。洗顔をした後の綺麗な肌にたっぷりと化粧水をつけて潤いを補給します。
美肌美白を目指す場合には、一般的な化粧水ではなく美白成分が含まれているものを選ぶと良いです。
AHA系の成分が含まれている商品は、角質を剥がれやすくするという効果があります。そのため、代謝のリズムを整える効果があったり、肌を滑らかにしたりという効果があります。

Copyright(c) 2014 美肌美白になるために外側からだけではなく内側からもケアをしよう. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com